頭頂部におすすめの育毛剤【薄毛、抜け毛に人気なのはコレです】

頭頂部の薄毛の原因について

頭頂部、つむじが薄くなるのは、男性ホルモンが関係しています。薄毛対策には男性ホルモンと5αリダクターゼによって生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することが最も重要です。

DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するためには、5α還リダクターゼを阻害する必要があります。有名なのが医薬品であるプロペシアです。プロペシアに含まれるフィナステリドが5αリダクターゼを抑えてDHTの生成を防止します。医薬品であるため、医師による診断が必要になります。

医薬品以外では「ノコギリヤシを配合したサプリメントや植物エキスを配合した育毛剤があります。フィナステリドほど作用は強くありませんが、副作用の心配はありません。育毛剤も使用することで血行を促進し、栄養分を毛乳頭に補給します。栄養を受けることで毛母細胞は活性化し、髪の毛は成長します。

頭頂部の薄毛におすすめの育毛剤

順位 商品名 金額 商品詳細
育毛剤BUBKA
12,600円
120ml
30日間返金保証
DHTを抑制して抜け毛予防
抜け毛の原因、脱毛ホルモンDHTの生成を抑える「オウゴンエキス」を配合した育毛剤。さらに「ノコギリヤシ」などを含んだサプリもセット。
ポリピュアEX
7,800円
120ml
45日間返金保証
バイオポリリン酸で毛根を活性化
毛乳頭内の成長因子をバイオポリリン酸で安定化。毛乳頭が活性化して、毛母細胞の分裂活動も活発になります。さらに血行促進成分も配合。
M-1育毛ミスト
9,800円
200ml
30日間返金保証
分子ピーリグで毛母細胞を活性化
分子ピーリングの力で毛穴の皮脂汚れをしっかり除去。さらに育毛成分が毛根にしっかりと浸透。血行促進、栄養補給で毛母細胞を活性化します。

育毛剤ブブカが選ばれるポイント

抜け毛の原因、DHTを抑制
脱毛ホルモンDHTは毛乳頭内で細胞の増殖を抑える「TGF-β1」を生成。毛乳頭、毛母細胞の活動が弱くなってしまいます。その結果、毛周期は短くなり、髪は抜けやすくなります。育毛剤ブブカにはDHT発生の原因となる5αリダクターゼを阻害する「オウゴンエキス」を配合しています。さらにブブカサプリにもDHTを抑制する「亜鉛」「ノコギリヤシ」を配合。DHTを抑制することで、抜け毛を予防します。
毛母細胞を活性化して育毛促進
頭頂部の薄毛対策には血行の促進も欠かせません。髪の毛は毛母細胞の分裂活動が活発になることで成長します。そのためには栄養を毛乳頭にしっかりと行き渡らせる必要があります。育毛剤ブブカには褐藻エキス「M-034」が含まれています。M-034には血行を促進する作用、髪の毛を支える外毛根鞘細胞を増殖する作用があります。さらに血行促進成分「センブリエキス」も含まれているので、栄養をしっかりと毛根に届けることが可能です。
豊富な植物エキスで頭皮環境改善
育毛剤ブブカには32種類の成分を配合しています。「グリチルリチン酸2k」をはじめとする頭皮の炎症を抑える成分、地肌をしっかり保湿する成分もたっぷり。頭皮環境を健やかにすることで抜け毛を予防し、髪の毛が成長しやすい頭皮作りをサポート。また香料、鉱物油、パラベンなどの刺激添加物もはいっていませんので、敏感肌でも大丈夫です。

BUBKA 商品詳細

育毛剤には抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する「オウゴンエキス」を配合。さらにサプリにもDHTを抑制する「ノコギリヤシ」「亜鉛」を使用しています。


価格・送料 12,600円 送料無料
内容量 120ml
返金保証 満足出来なければ商品到着後30日以内は返金保証付き
有効成分 褐藻エキスM-034、センブリエキス、ジヒドロテストステロンHCIなど

頭頂部の薄毛対策

頭頂部の薄毛対策として、まずはDHTの生成を抑制する事が重要です。その為にノコギリヤシのサプリを使用します。通常の髪の毛は4年から6年程度の寿命があります。薄毛が目立ってくると髪の毛のヘアサイクルが短くなり、1年程度で髪の毛は抜けてしまいます。その結果、産毛のような軟毛が増えて頭皮が透けてきます。成長期の短縮を引き起こすのがDHTと男性ホルモンレセプターによって生成される退行誘導因子です。ノコギリヤシやフィナステリドによってDHTの生成を抑える事が退行誘導因子の生成を減らし、ヘアサイクルを改善します。



そして髪の毛の成長を促進する為には毛母細胞の分裂活動を活発にする必要があります。頭皮の血流を改善し、栄養分をしっかりと毛乳頭に補給してやります。栄養分を受け取った毛乳頭はFGF(発毛促進因子)を生成し、毛母細胞を活性化します。

血流を改善するのは育毛剤だけではありません。日頃の生活習慣の改善も重要です。 お肉や塩分の摂り過ぎには注意が必要です。食の欧米化に伴い、動物性タンパク質を取り過ぎること、血液がドロドロになり、栄養分が十分に届かなくなります。血流を改善する食べ物としては不飽和脂肪酸が有名です。DHA,EPAを配合した青魚やαリノレン酸を配合したくるみ、なたね油などを取ることをおすすめします。その他には食物繊維を含んだ豆類、野菜、きのこなども血流を改善します。納豆、たまねぎには血栓を防止する作用があり、おすすめです。

睡眠は6時間は取ることをおすすめします。睡眠中に分泌される成長ホルモンは細胞を活性化します。肌や髪の毛の細胞を活性化します。睡眠時間が短いと自律神経が乱れ、血流も悪化していしまいます。睡眠をしっかり取ることでストレスを軽減する事が可能です。後は喫煙も血行不良を引き起こします。タバコは血行不良だけでなく、活性酸素を発生させて細胞にダメージを与えます。薄毛の改善には禁煙をおすすめします。

サプリメントとセットになった育毛剤がおすすめ

育毛剤で人気なのがノコギリヤシを含んだサプリメントです。育毛剤だけでなく、体の中から育毛を促進します。ノコギリヤシには5αリダクターゼという特殊酵素の働きを阻害する作用があります。その結果、抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制します。



その他にもサプリメントには亜鉛も含まれています。亜鉛はミネラルの一種で牡蠣やタラバガニなどに含まれています。亜鉛にはタンパク質の分解、合成作用があり、髪の毛を作るサポートをします。 その他にも代謝を活性して新しい細胞を作る働きなどもあり、育毛対策にはかかせません。

その他にもDHA,EPAなどを含んだサプリもおすすめです。DHA,EPAは青魚などに含まれる不飽和脂肪酸で、血行を良くする作用があります。魚などが中々摂れない方におすすめです。また、ホルモンバランスを整えるイソフラボンもおすすめ。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをし、髪の毛の成長期を長くする働きがあります。

これら栄養素を含んだサプリを摂る事で、血流改善、抜け毛を抑制します。育毛剤で外側からアプローチしながら、体の内側からも育毛にアプローチします。
育毛剤につてより詳しくはおすすめ育毛剤ランキング(http://www.kromaproductions.net/)などが参考になります。

頭頂部の血流改善で育毛促進

頭頂部の薄毛、抜け毛には特殊酵素5αリダクターゼの働きを阻害し、DHT(活性型男性ホルモン)を抑制する事が重要です。さらに、血液の循環を改善し、栄養分を毛乳頭にしっかり送ることも欠かせません。

そこで生薬を配合した育毛剤を使います。育毛剤にはセンブリをはじめ、ニンジンやニンニクなどの生薬エキスが含まれています。これらの生薬エキスには血管を拡張し、血流を改善する作用があります。また、育毛剤には乾燥や炎症を抑制し、頭皮を健やかに保つ働きもあります。育毛剤おすすめランキングなどでは育毛剤ブブカ、チャップアップなどが人気です。



また、ミノキシジルを配合したリアップも血行促進に有効です。ミノキシジルは元々、血圧を下げる薬として使われていましが、多毛の症状が多くみられたため、育毛剤として研究されてきました。1999年にリアップとして日本でも販売が開始されました。リアップは第一種医薬品の為、薬剤師による処方になります。

生薬ベースの育毛剤よりも血管拡張作用が強く、血液を毛乳頭にしっかり送る働きがあります。栄養を送ることで毛乳頭細胞が活性化し、細胞増殖因子が産生され、髪の毛は成長します。ミノキシジルには1%と5%タイプがあります。女性用は1%のみです。

ミノキシジルは育毛剤に比べると刺激が強めです。頭皮に炎症や湿疹が出ることがあります。また、高血圧や心臓病などの治療を受けている場合、医師に確認する事をおすすめします。リアップは7000円前後で販売されています。